• Home
  •  > トレーニング
  •  > 3日坊主は卒業!ダイエットのやる気を継続させる心理学的なコツ
Training

3日坊主は卒業!ダイエットのやる気を継続させる心理学的なコツ

ダイエットをはじめても、すぐに飽きちゃう…。やる気が続かない……。なんてことはありませんか? そんなあなたに、心理カウンセラーの筆者が3日坊主を卒業する秘策を伝授します♪ ダイエットを始めるなら、やる気を継続させるコツを上手に取り入れてくださいね!

  • シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Big Jump

ダイエットしよう! とやる気をだしたのに、なぜかいつも3日で飽きちゃう……。という方はいませんか? サボる言い訳って、どうして瞬時に思いつくのでしょう? 人は3日坊主になりやすい生き物。だからこそ、ちょっとの工夫を取り入れて、やる気を継続させましょう!

1:スモールステップにする

Step by Step
いきなり「毎日やろう!」「5時間やろう!」などと大きな目標をたてていませんか? 人はすぐには変われません。まずは「挑戦してみよう」「週に1回はやってみよう」というように達成しやすい目標を立てるのが成功のコツ。ちょっとでも暑いと「めんどくさいなぁ……」とくじけてしまう私のように、ズボラな性格の持ち主は、特に“目標を細かく刻んでいくこと”をおすすめします。

2:目標は「書き出す」

Blonde girl making a very colorful graffiti
目標は、心の中で留めておくよりも「書き出す」方が効果的! 勉強したくないときでも、ノートに日付を書いたり、ページや番号を書き込んだりすると、すんなりと始めることができちゃいますよね。「書く」という動作は、人を能動的にしてくれます。やるべきことを書き出すことで行動に移しやすくなりますよ♪ 書いたものを見ることで「やらなきゃ!」という気持ちを起こすことも可能です。

3:「スイッチ」をつくる

girl wakes up
イチロー選手は、バッターとして登場するときに毎回同じポーズをすることで有名ですよね。あんなふうに、何かを始める前にいつも同じ動作をすることで、「やる気スイッチ」を作ることができちゃいます。
やる気が続かない場合は、始める前に必ずする動作を決めてみてください。習慣になれば、その動作をするだけで行動に移せるようになりますよ♪

4:褒め上手になる

happy and smiling girl with a smile painted on paper
「やるのが当たり前」と思ってしまう自分に厳しいタイプの人は、楽しく続けることができなくなってしまうことも……。「今日は短い時間だったけど行動できた!」「今週は2回もできた!」などのように、ちょっとのことでも自分を褒めてみてください。 「なんだ!ちゃんと頑張ってるじゃん!」と実感できると前向きに取り組み続けることができますよ♪

5:「できなくてもOK」と思う心の余裕も必要

beautiful girl enjoying the summer sun
「やらなきゃダメ!」と思いすぎると苦しくなってしまいます。食べたい気持ちを我慢すればするほど食べ物のことばかり考えてしまい、逆に食べ過ぎてしまうように(心のリバウンドって本当に怖いですよね……)、「しなくちゃダメ!」と制限すると逃れたくなってしまいます。「できない日もあるよ」と柔軟に構える心の余裕も必要です♪

楽しいからこそ続けられる!

痩せることでGETできるメリットを妄想したり、何かができたら思いっきり褒めたりすることで、「やりたい!」「楽しい!」と感じることが続けるコツ。もっとよくなる希望で心があふれたら、「続けなきゃ」が「やりたくてしょうがない!」に変わっちゃいますよ♪
チャレンジすることを忘れがちな人は、やることや目標を書き出してみたり、やる気スイッチを設定してみてください。スモールステップで作戦を立てることもお忘れなく♪

  • シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Writer

nao kiyota

コンプレックスだらけの自分から脱却するため、美容と健康の世界を必死で勉強。ダイエットアドバイザー、リンパケアセラピスト、心理カウンセラーの資格を活かし、自分を輝かせるセルフトレーニング法を発信している。